来場申し込み(無料)
データフィードの現在と未来を語り尽くす熱狂の一日、再び。

2016.9.6(TUE)@御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

イベントの幕開けを告げる注目セッション!

これを聴かなきゃ、始まらない。

KEYNOTE SESSIONS

大谷 直史

Facebook / Partner Manager

大谷 直史

Profile

デジタル広告専業のスタートアップ企業にてセールス担当として広告業界でのキャリアをスタート。その後、国内ハウスエージェンシーでデジタルメディアプランナーとして主に大手通信企業のデジタル広告戦略の立案、運用業務を担当。2012年よりPublicisグループのクリエイティブエージェンシーにてデジタルプランナーとして大手自動車クライアントのブランディング活動に携わる。Facebookの広告プロダクトに魅了され2015年末より現職。パートナー代理店、広告主と共にFacebook広告の市場への更なる浸透、パフォーマンス向上を目指し、提案、サポートを行う。

多田隈 文

株式会社ネクスト / HOME'S 事業本部マーケティング戦略部

多田隈 文

Profile

2013年11月、株式会社ネクスト中途入社。不動産情報サイトHOME'Sのサイトディレクション、集客領域のLP開発やSEO等々幅広い様々な領域を担当したのち、2015年4月よりダイレクトレスポンス領域の責任者として集客最大化と効率改善に従事。現在は、TVCMやOOHをメインとする部署に異動し、デジタルをブランディング領域で活用するための手法を模索中。

セッション一覧をみる
OUTLINE

分散型メディア時代の、
最新トレンドを学ぶ。

FeedTechは、データフィードに関わる可能性のあるすべての方を対象にした、
日本最大級のデータフィード専門イベントです。

2015年のデータフィード元年以降、広告領域ではより実践的なフェーズに入ってきており、
活用領域の拡大と共に関連するプレイヤーも続々と増加してきています。
そこで、FeedTech2016では「Datafeed Everywhere! 」をテーマに掲げ、
ダイナミック広告はもちろん、分散型メディア時代を見据えたコンテンツ配信、
各種レコメンド、DMPなど幅広いテーマを対象に、徹底的に語りつくします!

プラットフォーマーはデータフィードをどのように位置づけ、今後どのようにしていくつもりなのか、
広告主にはどのような課題があり、どう乗り越えているのか、メディア運営者はこの分散型メディア時代をどう捉えていくべきなのか、
業界を牽引する企業によるセッションと展示でお届けしていきます。

開催概要

イベント名
FeedTech2016
日程
2016年9月6日(火)
時間
10:30 ~ 17:30 (開場 10:00)
参加費
無料(事前申込制
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2F
東京都千代田区 神田駿河台4-6
JR中央線・総武線 「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 B2出口[直結]
NOTABLES

今年は、ココが違う!

より深く
ダイナミックリターゲティング広告やショッピング広告などのデータフィード活用型広告については、より実践的で一歩踏み込んだ活用テクニックや、有名企業の事例・生の声を中心にお届けします。
より広く
分散型メディアやチャットボットなど、関連する新しいキーワードも踏まえ、広告領域だけではないデータフィードの可能性、その他周辺領域のトレンド情報などについても幅広く取り扱う予定です。
3会場+展示で
200名会場を2部屋と、72名のサブ会場を1部屋にて、幅広いテーマ、対象の講演を行います。また、会場内には関連する企業様の展示ブースを設置予定、データフィード周辺情報をまとめてキャッチアップできます!
来場申し込み(無料)

TIME TABLE

会場名

  • hsola city Hall
  • eEAST
  • wWEST
  • tTerrace Room

※各会場はすべてソラシティカンファレンスセンター2F フロア内にございます。

10:30 〜 12:00
h-1
キーノートセッション
残席わずか
塚田 耕司
オープニングトーク

塚田 耕司

株式会社フィードフォース/代表取締役

大谷 直史
インフィード広告
Facebook広告における、データフィードの役割とその進化

大谷 直史

Facebook/Partner Manager

多田隈 文
活用事例
トップランナーHOME'Sが語る!700万件以上の不動産情報によるデータフィード活用戦略

多田隈 文

株式会社ネクスト/HOME'S事業本部マーケティング戦略部プロモーションユニット広告グループ

12:10 〜 13:00
e
お昼休憩
w
お昼休憩
13:15 〜 14:00
14:15 〜 15:00